• ホーム
  • コラム
  • 保育士の退職理由ランキング / 退職理由の伝え方は?

保育士の退職理由ランキング / 退職理由の伝え方は?

保育士の退職理由

保育士さんの退職理由って?

みなさんは、今の職場に満足していますか?長く勤めていれば、少なからず職場に対する不満は出てきますよね。では、保育士さんは一体どんな理由で退職を考えられるのでしょうか?

保育士さんの退職理由ランキングをまとめました!

退職理由ランキング

今までの保育士さんの退職理由は下記のとおりです。

保育士さんの退職理由 出典:調査結果の概要

退職理由の中で1番多かったのは、「職場の人間関係」。続いて「仕事量が多い」「給料が安い」という理由を挙げる保育士さんが多いようです。実際にもう少し詳しく見ていきたいと思います。

1位:職場の人間関係

保育士さんだけではないかもしれませんが、人間関係に悩む方は多いのではないでしょうか。
保育業界は特に女性が多いので、細かい気遣いが必要な場面も多く疲れてしまう方もいるようです。
また、複数担任制でペアの先生との相性が合わない・・なんてことから退職されるケースもあります。

2位:仕事量が多い

保育士さんのお仕事は、保育業務だけでなく指導案の作成やクラスだよりや手紙の作成・保護者との面談や行事準備など・・・たくさんの事務や雑務があります。
特に人手不足の園や1人担任の保育士さんには過度な負担がかかり、身体的・精神的負担となってしまうケースもございます。

3位:給料が安い

保育士さんの平均給与は都道府県によって変動がありますが、東京の新卒保育士さんの手取りは平均16〜17万円となります。もちろん、長く勤めれば昇給もしていきますが、昇給や査定評価が曖昧だったり、昇給しても給与はほとんど変わらなかったり・・・。子どもの命を預かる責任ある仕事に対して
見合う給与ではないと不満を抱く保育士さんも多いです。

4位:健康上の理由(体力含む)

個人的な事情があるケースや、保育士としての過度な労働により身体を壊してしまう保育士さんもいらっしゃいます。働くことが難しくなり、保育の現場を離れる保育士さんもいます。

お給与と見合わない仕事量と精神面の負担に退職する保育士さんが多いんですね。

退職理由ってどんな風に伝えたら良いのでしょうか?

それでは、退職理由の伝え方を見ていきましょう!

保育園への退職理由の伝え方

保育園への退職理由の伝え方は難しいですよね。
なるべく円満に退職できるよう、誠実な対応を心掛けましょう。
また、退職理由を伝える時は、保育園側が引き留めにくい伝え方をするのが大切です。
不満や悩みだけを伝えても、「今後改善するから」と言いくるめられてしまう可能性があります。
そのため、マイナスな面だけ伝えるのではなく転職に対してポジティブな表現をするのがおすすめです!

実際にどのように伝え方良いか、確認してきましょう!

退職理由:人間関係に悩んでいる

『たくさん業務をさせてもらったり教えていただく中で経験を積み重ねたことで、さらに保育士としての経験値を増やしていきたいと思っています。新しい環境下で保育士として長く勤めていきたいと考えています。』

「先輩先生が怖かった」「悪口やキツイ言葉を浴びせられた」など本音ベースで伝えると責めているような伝え方になりトラブルになってしまうことも。
職場の人間関係が嫌だから退職したい!ではなく「新しい環境にチャレンジしたい」と前向きに伝えると良いですね。

退職理由:仕事量が多い

『業務が円滑に進むよう工夫してきましたが、仕事に追われることが続いていました。そのため体力面での限界を感じています。退職し、自分の体調と向き合いたいと考えています。』

業務量が多い、自分の時間が作れないというマイナスな言い方よりも、これ以上頑張ると体調を崩してしまうのように言い回しを変えて伝えるのがおすすめです。

退職理由:給与が安い

『今まで働かせていただく中でさまざまな経験を積むことができました。一方で、これまでの経験や実績が反映される新しい環境ででチャレンジしたいと思っています。』

ストレートに「給与が低い」と伝えてしまうと角が立ってしまい円満退職に繋がらない場合があります。そのため、「自分の取り組みをきちんと評価してもらいたい」「今までの経験を活かしたい」など
ポジティブな言い換えにするのがおすすめです。

退職理由:健康上の理由

『疲労が取れずに体調を崩す日が増え、先日も急遽お休みをいただきありがとうございました。今は自分の体調を戻すことを第一に、退職させていただきたいと考えています。』

体調不良を理由にする場合、「業務量の負担」など原因を伝えると、「改善するから頑張ろう」と引き留めにあうケースがあります。そのため、詳細に理由は言わずに、お休みをいただいたことへの感謝を伝えながら円満に退職できるような言い回しを心掛けましょう。

保育士さんの退職理由は様々。ポジティブな言い回しを意識しましょう。

保育士さんの退職理由は、人間関係やお給与の低さなど様々ですが、ストレートに伝えてしまうと円満退職に繋がらないケースもあります。また、改善するから!と引き留めにあってしまう場合もあるのでキャリアアップしたい・新しいチャレンジをしてみたいなどポジティブな言い回しを心掛けましょう。

「退職理由をうまく伝えられるかわからない」「退職後の転職先を探すのが不安」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
保育士Reachでは転職のお手伝いだけでなく、現在のご状況を伺った上で退職に関するアドバイスもさせていただきます。
退職や転職について悩んでいる保育士さんはぜひ公式LINEからご相談ください◎